躁鬱病診断に当てはまった人は早急に治療を受けましょう

躁鬱病治しましょう!!

原因を正しく知る

困っている女性

判断が難しい躁鬱病という症状

別名「双極性障害」とも呼ばれる「躁鬱病」は、自覚が難しく、周囲の人が異変に気づき、病院を訪れることがほとんどです。そのため、周囲の人も躁鬱病について正しく理解する必要があります。早期発見と効果的な治療のためにも家族や周囲の人の協力が必要不可欠なのです。躁鬱病は、医師じゃなくても判断することができます。知識を豊富に取り入れておくことで身の回りの人や家族の症状を発見することができるのです。また、躁鬱病になる原因を知っておくことも大切です。原因を正しく理解することで未然に防ぐことができます。躁鬱病は、身近な人や家族、大切な人が亡くなったことで深い悲しみに陥るとストレスになり、発症してしまいます。その他にも病気や事故により、体が満足に動かなくなったことや、家庭内でのトラブル、金銭問題なども挙げられます。結婚や妊娠、出産といったことが原因で躁鬱病を発症する女性も少なくありません。引っ越しや進学、就職などの環境の変化になれないストレスを感じ、躁鬱病を発症させる人もいます。職場内でのストレスや仕事が原因での過労、失敗に対する責任感や昇格への緊張感、プレッシャーなどが続くことで躁鬱病を発症させる人もいます。身の回りや家族にそのような状態が続いている人がいる場合は、注意が必要です。変化が見られた際には相談し病院で受診しましょう。また、躁鬱病は珍しい病ではないため、今では多くの治療方法があります。早めに受診することで解決の糸口に繋がります。

カウンセリングの他、周囲の人からの話を聞くことも大切

鬱病というのは気分が激しく落ち込み、ストレスを感じると時には激しい眩暈や吐き気をおぼえ、日常生活に支障をきたす精神疾患の一つです。一般的には責任感のあり、マジメで頑張る人ほど鬱病にかかりやすい傾向があると言われています。また心的外傷ストレス障害(PTSD)を抱える患者さんも鬱病になってしまう傾向が高いです。心的外傷ストレス障害とは、戦争や事件などの何らかの生命の危機や、愛する人の死や天災などのショックな出来事がトラウマとなってしまい、ふとした瞬間にそのときの記憶が蘇り、冷静を保てなくなってしまう症状です。躁鬱病は鬱の期間とは別に、躁状態になっている期間があるものを言います。躁鬱病の診断が難しいことろは、躁状態のときには患者さんは受信を受けに来ないという点です。また、気持ちが切り替わるまでのスパンが長いことも多く、実際には躁鬱病なのに鬱の症状しか診断されないことも多いです。正しい判断をするには粘り強いカウンセリングが必要となります。

躁鬱病の場合、躁の症状が出るまでに時間がかかることが多いため、気持ちの変化をしっかり観察する必要があります。躁の状態は鬱と比べると自信に満ちており、いいイメージがあるかもしれません。しかし実際には「自分はすごい」と思いこみ、その結果何かしらの犯罪に巻き込まれたり、幻覚が見えたり幻聴が聞こえるなどの症状がある病気です。躁鬱病の可能性がある患者さんのご家族や会社の同僚など、周囲の人にその人の様子を聞いて判断することもとても大切です。一般的には鬱病患者の10%程度が躁鬱病であると診断されます。躁鬱病は患者一人の問題ではなく、周囲の人のサポートがないとなかなか改善しない精神疾患です。会社の同僚などに鬱病と診断された人がいた場合、接し方に少し気をつけてあげるだけで症状が改善していくことがあります。

躁状態とは

躁鬱病には、「躁状態」と「鬱状態」があります。このページでは躁状態診断について紹介しています。どのような症状の人が躁状態にあるのかを正しく知り、早めに医師へ相談しましょう。

詳細を読む

鬱状態とは

このページでは、躁鬱病の「鬱状態」について紹介しています。鬱状態にあるかどうかセルフ診断し、当てはまる人は早めに受診しましょう。また、鬱状態の場合、体にも痛みや病気が併発するため、注意しましょう。

詳細を読む

身体的症状

躁鬱病は感情をコントロールすることが治療方法ですが、躁鬱病自体は脳の病とされています。そのため、身体的にも変化が生じます。次のような症状が見られる場合は躁鬱病かもしれません。診断に当てはまる人は、病院で受診しましょう。

詳細を読む

オススメリンク

↑ PAGE TOP